イライラが収まらないなら更年期障害かもしれない

ドクター

胆のうに生じたがんの治療

お腹を触る男性

胆汁を一時的に溜めておく胆のうでは、胆石症や胆のうポリープが発生することがあります。胆のうポリープががん化して胆のうがんになる場合もあり、60%の胆のうがんで胆石を伴っていると言われます。初期症状に乏しい胆のうがんを早期発見できれば手術で完治させることも可能なため、内科で受ける定期検査が重要です。

View Detail

早期発見で健康を維持

カウンセリング

大阪で健康診断を受けるなら、項目に応じて様々な医療機関で受診できます。早期発見や病気を予防することは治療費の節約にも繋がります。無料で受診できる案内が自治体からも届くので見逃さずにチェックしましょう。

View Detail

治療する場所として

診察

乱れた食生活やストレスなどが原因で、がんになってしまう方が増えています。がん治療は、抗がん剤や摘出手術、放射線治療などが一般的です。お近くの内科や外科で診てもらい、治療が困難な場合は総合病院などに行きましょう。

View Detail

より良い更年期の過ごし方

悩む婦人

上手に付き合う方法

更年期障害の症状は、のぼせやほてりなどはもちろんのこと、動悸・肩こり・めまい・イライラや痺れなど様々あり、多岐に及びます。更年期は閉経の五年前から五年後と言われていますが、実際に症状がその更年期の間で治まらないこともあり、終わりがはっきりとわからないので不安が多いのが事実です。更年期障害は自分が我慢をして乗り切ろうと無理をせずに、専門科に見てもらい症状を抑えることができるので検討してみると良いでしょう。それぞれの専門科に通うことはいいですが、自分のホームドクターを見つけた上で他の科で見てもらうなどの工夫をすると、総合的に判断してもらったりできるのでお勧めです。生活で頑張ることが多い年代なので、自分を大切にいたわってあげることが重要です。

対処の仕方

更年期障害では、対症療法や漢方療法、ホルモン補充療法などいろいろあります。それぞれにメリットやデメリットもあるので、きちんと医師と相談しながら症状を軽くすることが大切です。特にホルモン補充療法では治療を受けられないケースもあるので、医師と相談しながら薬の内容などを確認して進めることが大切です。更年期障害では、医療機関での対応はもちろんのこと、生活習慣の改善を行うことによって、より効果が上がるとされています。適度な運動やストレスをためない生活を心がけたり、食生活を同時に見直していくと良いでしょう。更年期は介護や仕事などで大変な時期だといえます。家族や周囲の人にも知ってもらって、サポートを上手に受けて更年期を乗り越えていくと良いでしょう。